地デジを見るためのアンテナの種類

屋根の上に取付けるタイプ


住宅の中で最も高いところにあるのは屋根です。できるだけ高いところに何かを取付けないといけないなら、屋根に取り付けるのが良いと言えるでしょう。地デジ放送を受信したいときに利用するアンテナの種類としては、屋根に取り付けるタイプを選ぶと受信がしやすくなります。地上アナログ放送受信用の中でもUHF放送受信用がありましたが、そちらで代用できるときもあります。ただ、あまり見た目がきれいでないため、住宅の美しさが損なわれるときもあります。そこでデザインタイプのアンテナの利用も可能です。こちらも取り付けるのは屋根の上等になります。従来のように骨組みのようなものではなく、パネルタイプがあります。屋根の色と同じにすれば、見た目も悪くなりません。

室内用や室外兼用タイプ


一戸建てに住む人が地デジ用のアンテナを取り付ける時、自由に好きなところに取付けられます。屋根の上に取付けようと住宅の側面に取付けようと自由です。しかし集合住宅となると新たに取り付けるのは難しくなります。大抵は最初から取り付けてありますが、中には自分で用意しないといけないところもあります。その時に利用できるのが室内用であったり室内と室外両方で使えるタイプです。室内用は住宅の中でより視聴しやすいところに置いて使います。できれば窓の近くがいいでしょう。室外にも使えるなら、窓の外に設置にも設置ができます。ガラスや壁の素材によってもそれなりに電波がさえぎられるので、外に設置した方が多少は受信しやすくなります。兼用なら買ってから判断できます。